photographers

赤間剛夫

赤間剛夫 Takeo Akama

1969年生まれ
明治大学農学部農学科卒業
某スナップ会社にて社員カメラマンとして、撮影、会場担当の営業、企画、商品開発などに携わり
ノウハウを学ぶ。その後、独立して現在に至る。
(婚礼撮影 指名料150000円 前撮り撮影のみ 指名料50000円)

撮影のこだわり(Takeo Akama)

写真のこだわり、得意なところ

最もこだわりをもっているのは、光と画面構成です。
モチーフだけに着目してしまうととにかくシャッターを押したくなる瞬間はたくさんあると思います。でもそこで見たものに対してただシャッターを切るだけでは自分の存在意義がないと思います。
最良のポイントを見極め、画面構成、ライティング、機材のチョイス、露出決定など撮影をするために必要な要素すべてに気を配り撮影したいと考えています。

何故この仕事をしているのか?

写真が好きであること、この仕事が自分に向いている仕事であることがその理由です。

どんなカメラマンを目指しているのか?

商業撮影は一人で成し遂げるものではなくチームワークから生まれるものが大きいはずです。
カメラマン一人の個性を強調しすぎずにチームの一員として撮影に臨むことを常に考えています。
それは自分のメインの撮影対象である婚礼の現場で学んだことであり、結婚式を撮っていないカメラマンとは一線を画すポイントの一つではないかと思います。
そして、日々カメラマンとして良い写真を撮影することに労力を惜しまず、撮影技術、体力、新しい表現など向上すべきことに貪欲でありたいと考えています。
その結果として時間が経った時にも色褪せない写真を撮るカメラマンでありたいと思います。

今までお客様に言われて嬉しかったこと

たくさんあります。ユニゾンを作ってからは特にたくさん。
お客様からの励ましが自分を向上させてくれてきたなとつくづく思います。

★赤間剛夫は、【ウェディング】【ライフ&ファミリー】【広告】の撮影を担当しています。 赤間剛夫の全写真を見る

【赤間剛夫の最新ブログ】

 いい写真て???

2017/03/15

いい写真て???

いい写真て??? 結婚式の写真において階段てキーワードは撮影スポットを意味することが多い。 な……続きを読む»